~PR~

© 2000-2017 by Sumiko Yoshida. Proudly created with Wix.com

当サイトの内容(画像・テキスト)は クリエイティブ・コモンズ 表示2.1 日本ライセンスの下に提供されています

馬を描く

水彩画の制作過程をSTEP BY STEPでご紹介します。 

1

あらかじめ別の紙(クロッキーなど)に原画を描き、 それを水彩紙にトレースします。この手順は、 水彩紙に余計な負担をかけないためのリスク回避策にすぎません (修正のために消しゴムでこすったり、鉛筆の跡がついてしまいますよね)。 ですから、この点であまり気にならない場合には、 直接水彩紙に描いても全くかまわないのです。


ここでは、仕上がりの色調に近い色鉛筆を使用しました。 このほうが、普通の鉛筆を使うよりもきれいに仕上がるようです。

2

着彩(色付け)は背景からはじめる場合が多いです。 大きな面積を占める部分から色を埋めていくことは、 画面内のバランスをとる上でも有利ですし、もし この時点ではみ出して塗ってしまっても、そう気にすることはありません。 後から修正箇所に重ね塗りをすればよいのです。 


たとえば、背景よりモチーフの色が明るい場合には、まず 背景を塗ることで輪郭線を出すのです。 ただこの場合、より慎重さが求められることになります。

3

背景が乾いたら、モチーフの着彩に入りましょう。 どこから塗り始めるという制約はありませんが、 やはり面積の広い部分から手をつけたほうが無難です。


というわけで、今回の場合は馬体部分から塗り始めました。

4

あまり堅苦しく考えずに、バラエティに富んだ色使いを心がけましょう。 


ウォッシュには常にたっぷりの水を使ってください。 筆跡がかすれるようではいけません。 水をたっぷり使うから、ぼかしがきれいにできるのです。

5

騎手やゼッケンなどの細かい部分を描きいれます。 同時に、馬体にも部分的に重ね塗りをしています。 全体のバランスを見て、画面にメリハリがつくよう心がけます。

6

細かい箇所に重ね塗りを施して、出来上がりです。 とにかく最初に大仕事を片付けて、細かい仕事は後回しにするのがコツです。
 

なお、下描きの色鉛筆をここで消してもよいでしょう。 線が気にならない場合はそのままで結構です。 
 

ところで、私は尻尾を描くのが苦手なので、 いつも最後に後回しにしてしまいます;  これはある意味慣れてしまっているのでやってしまいますが、 なるべく全体を同時進行で描くようにしてくださいね。

!

あなたの水彩セットには「ブラック」が入っていますか?  では、実際に「黒」を塗るとき、そのえのぐを使うのは正解でしょうか。


私の考えでは、「なるべく使わないほうがベター」だと思います。 専門家用水彩えのぐのラインナップにも、さまざまな「ブラック」は用意されています (例;アイボリーブラック、ランプブラックなど)。 つまり、これらの絵の具にも出番はあるわけです。 しかし頼ってしまうのは禁物です。


ではどうやって黒を作るかといいますと、なにも難しいことはありません。 3原色を混ぜればよいのです。


えのぐの3原色は、赤、青、黄の3色です。そして、 実際に混ぜるときに重要なことは、これらをパレットであらかじめ混ぜ合わせるのでなく、 えのぐを解いたらそのまま紙の上へ置くようにすることです。 混色を紙の上で行うことによって、えのぐの彩度がある程度確保され、 水をたっぷり使ってウォッシュすることで、 予期できない自然なぼかし具合が出現するのです。 これは黒に混色に限った話ではなく、 すべての二次~三次色(緑、紫、肌色など)に共通するポイントです。 (※混色についてはこちらもご参照ください) 

今回の場合は、騎手の勝負服とゼッケンに「黒」がありました。

3原色であれば色は何でもかまいません。 それらの要素が入っていればOKという意味なので、 たとえば「緑X赤」や「紫X黄」でも同じことです。


自分のお気に入りの組み合わせを探してみてはいかがですか?

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now