~PR~

© 2000-2017 by Sumiko Yoshida. Proudly created with Wix.com

当サイトの内容(画像・テキスト)は クリエイティブ・コモンズ 表示2.1 日本ライセンスの下に提供されています

その起源は3,500年前とも言われる、地上最古の馬種。 中央アジアのステップ地帯に生まれ育ち、その歴史は様々な伝説に彩られていますが、 一時は絶滅の危機に瀕したこともあったのです。 


1935 (一説に1937)年、トルクメニスタンのアシュハバードからモスクワまで、 およそ4,100キロの距離を87日間で走破したという記録があります。 その道程には360キロに及ぶカラクム沙漠があり、 アカール・テケはこの砂漠を水も与えられず3日で越えたといいます。 また帝政ロシア時代の1820年にも、ロシアへの1,000キロの道のりを7日で越えたという記録があり、 その耐久性とスピードはアラブやサラブレッドを上回るものです。 また競技馬としても 1960年、アブサンテAbsentという名のアカール・テケが、 オリンピックの馬場馬術で金メダルを獲得しました。 


最近では、サラブレッドの根幹始祖馬ダーレイアラビアン(エクリプス系の祖先)も このアカール・テケだったのではという説も唱えられています。 こうなると現在の大多数のサラブレッドが、アカール・テケの子孫ということになってしまいます。 ネアルコやネイティヴダンサー、ハイペリオンなど、 主なサラブレッドの父系はどれもエクリプス系だからです。 しかし、確かにアカール・テケの能力的な点は勿論、まっすぐなプロフィル、 尾付の低さなど、ルックス的な共通点においても、 この説はあながち空論ではないと思わせるものはあるのです。 

 

アカール・テケは、そのサラブレッドとの交配により、 一時60頭前後まで減った時期もありましたが、現在は徐々に個体数を取り戻し、 ロシアとトルクメニスタンを中心にブリードされています。 それ以外の土地では、ドイツとアメリカが繁殖に熱心なようです。 そしてオリジンの地トルクメニスタンでは、国をあげて保護と売り込みに力を入れ、 アカール・テケのために「馬大臣」まで置いているといいます。

歴史

トルクメニスタン

原産地
適した用途

乗用馬

特徴

優れたスピード、スタミナ。ジャンプも得意。

性質

活発で勇敢。だたし強情で反抗的な面もある。

体高 144~152cm。 直頭(まっすぐな横顔)、長くまっすぐな背、引き締まった腹、脚は丈夫で繋が長い。 皮膚は薄く滑らか。たてがみは短い。

体格

鹿毛、芦毛、青毛、河原毛、“ゴールデン・ハイライト”(黄金色!)。 少量のマーキング。

毛色

草原の黄金の馬 アカール・テケ

Legendary Golden Horse, AKHAL-TEKE

一日千里を駆けたと中国の伝説に残る“汗血馬”の子孫──美しくも驚くべき能力を秘めた、素朴で繊細な名馬。サラブレッドの祖先では? とも言われている、ミステリアスな馬の姿をご紹介しましょう。

最終更新日 2007/9/30 (初版 2001/2/7)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now